営業 朝礼 一言

営業の朝礼はネタが命である。

たった一言で一日のモチベーションが左右されるほど大切な朝礼。

だが営業の朝礼では3分間話すどころか”たった一言”さえ出ない日が多かった。

 

その原因の99%は「準備不足」と「営業の鉄板ネタの仕入れ先」が見当たらなかったことである。

 

何を、どこで仕入れて、話すかが分からなかった私は何も用意しない状態で朝礼を迎える毎日。

恥ずかしいのだが、最初の一言目がまったく出てこなかった。

女性スタッフからは(え?この人大丈夫?…)という視線を受けながら「えー、えっと…」と朝礼に静けさだけが残った。

 

ただ鉄板ネタを見つけてからは営業の朝礼は180度変わった。

最初の一言がスラスラ出るようになり、3分を越してしまう日もあった。

 

つまり営業の朝礼は話題の仕入れを、きちんと行えば朝礼の一言に躓くことなく発表できることが分かった。

そこで本章では営業の朝礼をスムーズにおこなえるように「鉄板ネタ例文集」をまとめておく。

 

結果として、額から汗が滝のように流れる朝礼から解放されることだろう。

 

【朝礼の例文集】トップ営業が実際に使う朝礼の一言

営業 朝礼 一言

営業鉄板ネタで朝礼の「最初の一言」を乗り切ろう

朝礼は社員に苦痛を与えるものであってはならないが、刺激を与えなければ評価はされない。

 

つまり営業の朝礼では最初の一言が大切であり、勉強になる内容が必要である。

 

そのコツをご紹介した上で「営業の朝礼集」を見ていただきたい。

朝礼の目的は3つに分かれる。

 

【営業の朝礼時に必要な3分間一言】

1.冒頭で惹きつける話をすること

2.モチベーションを上げること

3.実体験に基づく情報を与えること

 

この点に注意を払いながら営業の朝礼一言集を見て頂きたい。

 

営業の極意(観察眼)

営業の本質を人間のカラダで表した一言。


お客様にも当てはまるし、営業マン自身にも当てはまる大切な心構えである。

この文章の本質は「情報は全て顕在化されている」ということ。

ぜひ営業の朝礼で共有していただきたい一言。

 

※合わせて話すと効果的な営業の本質とは?

「一言では朝礼の時間が余ってしまう!」という場合に備えて補足で3分間以上話せる記事をご紹介していく。

 

器用なズルい営業マンは売れない

営業で最も大切な”お客様に対する姿勢”を説いた話。

上手な嘘はのちに身を滅ぼす。

必ずボロが出てバレてしまうからこそ、悪いことをした場合は素直に謝ることが大事。

大切な大切な営業マインドである。

※営業には2種類のマインドが存在する。

顧客に対するマインド、商品に対するマインドである。

2つのマインドを手にした営業マンは売れる。ぜひ朝礼で合わせて一言つけ加えて欲しい。

 

経営者の時間間隔とは?

営業の朝礼で一言発表して欲しい内容である。

朝礼で発表して欲しい内容の本質は「人によって時間間隔は違う」ということ。

一言、結論を述べてから先の文章を読み上げることがポイント。

 

せっかちな経営者の方に効くプレゼン術の補足がこちら。

 

ダサい大人にならない思考

一言で朝礼を聞く営業マンのモチベーションを上げるスピーチ。

どの年代にも希望を与える営業の朝礼ネタである。

人生のピークとは「今」という強いメッセージを込めた一言。

 

※カッコイイ生き方とは「今」を必死に生きること。

 

決断力のスピードを上げるコツ

「なぜデキる人は決断のスピードが速いのか」を題材にした朝礼の一言にどうぞ。

トップ営業マンがお客様の受け答えがスムーズなのは「一度でも考えたことがあるから」なのだ。

※ちなみに快感を与える回答術はこちらを参考に。

 

20代が多い朝礼での一言

20代に向けた最高の一言をご紹介したい。


飲み会へ行くのもいい。

友達と遊びに行くのもいい。

 

ただトップ営業マンになりたいのなら”自己投資”だけは忘れてはいけない。

 

30代で目も当てられないほどの差がつくからだ。

 

※一流の営業マンの自己投資術を一言添えていただきたい。

 

デキる新人営業とは?

面接に関する朝礼での一言に下記を採用して頂きたい。


営業の神髄とは「当たり前のことを当たり前にする」ということ。

誰もができることを見えないところできちんとするから評価される。

お客様も見抜く大切な営業の姿勢である。

 

※姿勢を身につけたあとに必要なのが「話し方」である。

心と技を磨くから”長く売れ続ける”営業マンになれる。

 

家族のタメになるエピソードトーク

朝礼での一言が全て営業エピソードでなければならないということはない。

年長者から学ぶ「判断力」は営業に必須な能力である。

判断にその人の価値観があらわれる。

価値観にお客様は共鳴することを忘れてはならない。

 

※判断力や価値観を深堀りすると”必ず営業に必要な要素”に行き着く。

 

営業に向いている人の特徴

上司が部下に発表するときに使える「売れる営業の特徴」を1分でまとめたもの。


相反する特徴を備えるからこそ隙がなくなる。

男性を魅了し、女性を魅了できる営業が強いことを簡単にまとめた朝礼の一言である。

 

※ただ聞く人によっては自信を無くす人もいる。だからこそこの記事の情報を加えて話すと説得力が増す。

人見知りに勇気を与える話も混ぜるのがポイントである。

 

1,000個以上の朝礼ネタ!毎日話すことに困らない一言集とは?

今までご紹介した朝礼ネタを詳しくみて欲しい。

朝礼の一言に約3年以上困らないネタが詰まっている。

 

営業の朝礼ネタ!3分間スピーチの例文集をクリック!

 

続きは上記をクリックして朝礼の一言を仕入れてほしい。

毎日3つ以上の朝礼ネタを400日以上”欠かさず投稿”している。

 

ぜひネタに困らずに聴き手に刺さる朝礼を繰り広げて頂きたい。

 

おすすめの記事