現役トップ営業マンが「結婚を決めた」恋愛の本音とは⁉
vetonethemi / Pixabay

営業マンの恋愛の本音を赤裸々に語りたいと思う。

その前に私の恋愛で大変恐縮なのだが、結婚に至る経緯を一文でご紹介させて頂きたい。

私は30歳の時に妻と出逢い、初デートが2人の交際日になった。その3ヵ月後にプロポーズをして見事、結婚に至った。

 

ではなぜ「生涯、共に添い遂げたい女性」だと思ったのか。

 

その理由は恋愛上手な女性は、営業マンが好きな恋愛のツボを知っているからだ。

本音をいうと「的確に営業マンの恋愛のツボを押してくれたな!」と思う。

 

営業マンはそもそも気遣いのプロ。気遣いが出来なければ顧客の心を掴むには至らない。そのプロに対して上回る気遣いを魅せるのが、恋愛のツボである。

 

ぜひ営業マンの中にある恋愛のツボを押して、結婚という本音を引き出して頂きたい。

 

婚活中の方はぜひ参考にして欲しい。

 

営業マンの恋愛に対する本音とは

まず営業マンの恋愛の本音を知ろう

会社の第一線で活躍する営業マンは、人より多く気付く。普通の人が見逃がしそうな微差を無数のセンサーで感じ取る能力がある。誰もこのような本音を言わないと思うので、私が断言しておく。

 

「売れる営業マンはハリネズミのようにアンテナを張り巡らせて”あなたの意図”を汲み取ろうとする」のだ。

 

つまり営業マンには直接モノを言うのではなく、間接的にモノを言う恋愛術が響く。

この本音を営業マンは決して言わない。

 

なぜならそのお相手が恋愛の気遣いができるか否かを見たいからだ。

 

デキる営業マンほど、この本音を絶対に言わない。

言わないからこそ、女性側が知っていたら勝ちだ。

 

気になる相手が営業マンなら、この恋愛のツボを押すのが必勝法である。

 

【恋愛の間接話法】営業マンが言いたくなかった本音とは

先ほど直接的ではなく間接的にアプローチすると、営業マンの恋愛のツボを押せるとお話した。重複するが、これは紛れもない営業マンの本音である。

 

では直接的な方法と間接的な方法の違いを見ていこう。

【食事中の箸の持ち方について】

▪直接法(営業マンに対して)

「箸の持ち方綺麗ですね!!素敵~♫」

▪間接法(営業マン+家族)

「箸の持ち方綺麗ですね!!箸の持ち方が綺麗ということはご両親も素敵な方なんでしょうね♫

 

つまり前者は営業マンを直接褒めたのに対して、後者は本人とご両親の二組を一言で間接的に褒めている。

 

デキる営業マンはそのフレーズを聞き逃さない。頭の中で「両親の育て方がいいと言ってくれているのだな」と変換する。

素敵な女性の恋愛テクニックは本人だけの話題では終わらない。

必ず本人+αを乗せて物事を伝える癖があるのだ。

 

営業マンが今まで言わなかった恋愛の本音を上手く活用して頂きたい。

 

営業マンの胸にグッとくる恋愛の本音トークとは

営業マンの胸にグッとくる恋愛の本音トーク術とは

デキない営業マンはペラペラと喋る癖があるが、デキる営業マンは顧客の話を聞き続けている。売れる営業マンこそ、聞き役に徹しているもの。

その点を踏まえた上で、あなたは恋愛に応用して頂きたい。

 

聞き役に疲れた営業マンの話を”あなたが聞き役”として話を聞いてあげるのだ。

 

ただデキる営業マンは聞き役に徹する習慣が付いている為、デートでも質問を投げかけてきたりする。そこをあなたは質問を質問で聞き返して欲しいのだ。

 

つまり営業マンの恋愛攻略法は”営業マンに話させること”である。

 

営業マンに本音を引き出される前に、営業マンから本音を引き出して貰いたい。

 

【営業マンが秘密にしていた本音】

営業マンは心のどこかで思っている。

「聞かれたら、聞き返せ。褒めたら、褒め返せ」

これが誰にも言わなかった営業マンの本音である。

 

例えば営業マンが「そのバッグ素敵だね!」と何気なく褒めてきたとする。その答えが「ありがとう!これプラダで一目惚れして買ったの♫」と返答して終わりでは勿体ない。

 

恋愛上手な女性は必ずあるコトバを付け加える。

「ありがとう!これプラダで一目惚れして買ったの♫あれ⁉○○さんのバッグも凄い素敵♫やっぱり同じく一目惚れですかぁ?

 

恋愛において”このヒトコト”が出ない女性が多い。

恋愛において肝心要なポイントである。

 

なぜ恋愛では言い返しトークが必要なのか

営業マンの本音を探らないといけない。営業マンがあなたのバッグを褒めたということは『バッグに興味があるから気付いた』のだ。

 

人間は自分が意識している物以外を認知しない傾向にある。例えばあなたが使っている財布を他の人が使っていたら”一瞬で気付く”だろう。それと原理は全く同じ。

 

つまりこのことから、バッグの話題に触れた営業マンは”バッグに興味がある”ことが分かるのだ。

 

その興味があるものに営業マンから話を振ってきた瞬間に「チャンス!」と思わなければならない。なぜなら恋愛において相手との共通点を探すのが王道だからだ。

 

ぜひ人の話を聞くのに疲れた営業マンの話を聞いてあげて欲しい。

 

【まとめ】~恋愛の本音

誰も言わなかった本音とは、営業マンが自ら振った話を実は投げ返して欲しいのだ。

 

PS:付き合いたい!と思ったデートでの本音とは

お付き合いしたい!と思ったデートでの本音

営業マンの私が妻に恋に落ちた瞬間がある。

妻とは男女3対3の食事会で出会ったのだが、食事の取り分け方にビビッ!と来てしまった。

 

切り分けられたステーキの美味しい部分を皆に配り、ステーキの端の美味しくない部分を自分のお皿に盛りつけていたのだ。

 

私は営業マンなので、相手が何を意図して行動しているかを観察するのが得意なので一瞬で気付いた。その瞬間、恋に落ちてしまった。

 

つまり営業マンを惹きつける恋愛テクニックとは、相手が分からないであろう気遣いをすることなのだ。

 

言われなければ気が付かない気遣いにこそ、魅力を感じる。

なぜ魅力を感じるかと言うと、その人の価値観が見えた瞬間だからだ。

 

ぜひこの気遣い力を学んであなたの恋愛に活かして頂きたい。

 

恋愛で相手の本音を引き出すテクニック集

私の妻は若い頃に「ホステスをしていたのでは?」と思うほど気が利く。

医療事務にずっと従事していたのに、ここまで気が利くのは親の育て方が良いからだろう。

 

そこで接客のプロ、ホステスの技を学ぶのも大変勉強になることを伝えたい。

私の友人がホステスでNo1に輝いている。コッソリ誰も言わない本音の恋愛術を教えてくれた。

 

そのホステスの恋愛術を記事にまとめておいた。

どれも今すぐ簡単に使えるものである。

 

既婚者の私でも使って欲しくなる技。

早速、今日の夜の食事で実践してみよう。

おすすめの記事